せいしょこまつり 七月第四日曜日


概要

清正公まつりは、昭和五十年に子どもには、「幼き頃の想い出を」若者には「心の感動を」大人には「郷愁を」を合言葉に、永年途絶えていた神幸行列を復活し、昭和五十七年からは、名称・日時とも現在のように改めて斎行されています。
熊本に夏の訪れを知らせ、また熊本のまつりの開幕と言うべき神幸行列であります。広く県民のまつりとして発展し、観光の振興に寄与することを願っております。
※夜店は前夜祭のみ出店されます。

みどころ

まつりの最大のみどころは、なんと言っても”宮出し”、”宮入れ”や街中などでのみこしの競演。また、創作ものや千人清正等はカメラマンの被写体として絶好です。


子供たちの太鼓の調べは心をなごめ、稚児や子供みこしは、わらべ心を感じさせてくれる。”まつりは心の感動”であり”神人和楽の境地”でもある。


ぜひ、あなたもお出かけを!

神幸行列



ふれ太鼓-先導―※-大太鼓―猿田彦みこし…さい銭箱-さい銭ひらい-祓役-獅子舞-唐ひつ-神官 (馬)-花傘-五色旗-槍持-刀―花傘-神馬-※―巫女―巫女舞―稚児-さい銭箱―さい銭ひらい― 一の宮金幣― 一の宮―二の宮金幣-二の宮-三の宮金幣― 三の宮-さい銭ひらい-神官(馬)-※-巫女-火の神太鼓―五色旗-花傘-太鼓-随兵頭(馬)―侍大将(馬)-千人清正―(創作みこし等の奉納団体)-(子供みこし奉納団体)-(大人みこし奉納団体)-見極  

全長約一・五キロ位になります

ポスター

清正公まつり

毎年七月の第四日曜日はせいしょこまつりです。前夜祭にはステージや夜店も出て境内は賑やかになります。本祭の迫力ある神幸行列は見ごたえがあります。ぜひご家族揃ってお越しください。